カーテンやブラインドで日差しカット、冬の保温、プライバシーの確保

自宅の部屋のように車内にもカーテンやブラインドを取り付ける

車中泊では車内がお部屋なのでカーテンやブラインドが必要

日常生活の中で車を運転する際には、あまり必要性を感じないかもしれませんが、車内泊では車用のカーテンブラインドは必須アイテムの1つになります。

車内で過ごす時間が多いのですから、自宅の部屋のようにカーテンやブラインドが必要というわけです。

カーテンやブラインドがあれば、紫外線や夏場の暑い日差しをカットできるだけでなく、冬場の保温やプライバシーの確保もできます。

最近の車専用のカーテンやブラインドは吸盤で簡単に取り付けられ、取り外しも簡単なものが販売されているので、車内泊ではぜひとも揃えておきたいグッズの1つです。

車内日よけカーテン 2枚組
車内日よけカーテン 2枚組
車の断熱ミラーカーテン(2枚組)
車中泊では車内がお部屋なのでカーテンやブラインドが必要

夏場の強い日差しや紫外線をカット

夏場の強い日差しは車内の温度を上げる原因になります。

車内が暑くなれば、クーラーを入れる頻度も多くなり、ガソリンの消費も多くなってしまいます。

カーテンやブラインドで断熱すれば、弱いクーラーで真夏の暑さを凌ぐことができ、経済的ですし、エコです。

また、カーテンやブラインドで直射日光を浴びることを避ければ、身体に害がある紫外線のカットにも役立ちます。

特に、女性や子供と一緒に車中泊の旅をする場合は、健康のためにも必ず用意しておきたいアイテムです。

車用サンブラインド
車用サンブラインド

冬場の車内の暖かさを保温

カーテンやブラインドがあれば、冬場は車内の暖気を逃がさずに、外の冷気をカットすることができます。

暖房をそれほど強くしなくても、車内を暖かいまま保温できるので経済的ですし、エコです。

プライバシーや安全性の確保

車内で眠っている姿が外から丸見えでは危険ですし、プライバシーの確保も全くない状態です。

カーテンやブラインドがあれば、外から車内が見えにくくなりますし、外からの騒音防止にもなります。

車の中に泊まって快適&節約旅行!

▲ 車中泊で必要なグッズが何でも揃う専門店が登場!