車の中でぐっすり眠るための快眠グッズ

車の中でぐっすり眠るための快眠グッズ

旅の疲れを溜めないことが車中泊の旅では非常に重要なことになります。

せっかくの楽しい旅行も、疲れがたまってしまっては、楽しむこともできません。

旅の疲れを残さないためには、睡眠が重要になります。

人間が眠る理由の1つに、日中に身体に溜まった疲れを取り除くという役割があります。

マットレスはもちろんのこと、ここでは快適な車内泊をするために、他にも揃えておきたい快眠グッズを紹介します。

枕(まくら)

枕(まくら)が合わないと首を寝違えてしまうことがあります。

せっかくの楽しい旅行も、首の痛みを抱えたままでは楽しむことができません。

最近では、医療の現場や全国のホテルでも採用されているテンピュールの枕も1000円台で購入できるようになりました。

疲れを残さない車中泊の旅にするには、枕をケチらないことはポイントだったりします。

耳栓(イヤーウィスパー)

車の中で寝るといっても、車を止める場所は屋外です。

場所によっては、公道の近くで車の走る音が深夜でも響く場所もあるでしょう。

そんな時に役立つのが耳栓(イヤーウィスパー)です。

日中にちょっと昼寝する時にも大活躍してくれますよ。

スリープマスク

夜、眠る時には必要ないかもしれませんが、昼食後にちょっと昼寝をしたり、日中に仮眠を取る時に大活躍してくれるアイテムがスリープマスクです。

飛行機に乗る時に持っていく人が多いですが、車中泊の旅でもお役立ちアイテムの1つになりますよ。

寝苦しい夏にお役立ち!ひんやりシート

夏場では、防虫網かぶせて窓を少し開けて眠れば、外から風が入ってきて、暑さを低減することはできますが、日によっては全く風がない日もあります。

また、少しといえども、窓を開けっ放しにして眠るのは、安全上問題がないとはいえません。

そんな夏のうだるような暑さを軽減してくれる賢いアイテムが、「ひんやりシート」です。

最近の「ひんやりシート」はかなり高性能化しており、触れるとヒンヤリする素材になっています。

吸収した熱を涼しさに変えてくれるので、猛暑でも快適に眠ることができます。

車内泊だけでなく、自宅でも使えるアイテムなので、ぜひとも持っておきたい1枚です。

車の中に泊まって快適&節約旅行!

▲ 車中泊で必要なグッズが何でも揃う専門店が登場!